YUMEKAKE/JOHN's diary

国際協力活動のなかでのマジメな話からゆる~い話まで/海外から日本から

「ずっとそばにいるよ、、、」 ~飢えに苦しむフィリピン・セブ島のスラムでの支援活動より、、 (#SDGs #海外ボランティア #国際協力NGO #新型コロナウィルス #緊急支援 #子どもの貧困)

f:id:yumekake-john-ngohope:20200629195450j:plain
f:id:yumekake-john-ngohope:20200629195129j:plain
f:id:yumekake-john-ngohope:20200629195523j:plain

今日は、山岳スラムの、このあいだとはちょっと違う、隣の部落での炊き出しです。
隣といっても、峠をちょっと越えます。
NGOでは、週に1、2回、このような炊き出しを行っています。

(もしよろしければ、その様子を編集した動画をご覧下さい。)
 

youtu.be

 ここフィリピンでは、ロックダウンにより外出制限がされ、仕事も失ったスラムの貧困層の人々は、深刻な飢えに苦しんでます。

気が付いてみたらもう三ヵ月になろうとしています。既にもう限界です。
また、地域の封鎖と移動制限により、日本でいう県境どころか、何丁目という区画からも自由には出られません。
この炊き出しも許可を得て、現地のフロントライナーと協力して行っています。

このあいだ、この山岳スラムに住む高校生の女子が、facebookに、

「もう塩は飽きた!」

と笑えない冗談を投稿していました。

いえ、、本当は冗談ではないのですが、、、

自分がそれを見て、「大丈夫?」とメッセージを送ったら、

「大丈夫。ありがとう。冗談よ」と強がってくれた、というだけです。

配給されたお米を、うすいおかゆにして、味付けは少量の塩で、
それが毎日の、いつもの食事です。

そんな 思いやりと強さを持った彼女と出会ったのは、
自分が、この地域を支援し始めた頃でした。

彼女はまだ4歳でした。

そして、今ではもう高校生です。

自分らがこの山岳スラムを訪れて、支援活動をするといつも手伝ってくれます。

あの頃は、自分を見ると怖がって、いつも泣いてた子が、
今では、将来のことを、一緒に、語りあったりします。

彼女は言います。

「私も、周りの困った人たちを、助けられる人になりたい」

と。

今日は、そんな高校生のボランティアや、

そして、仲良しのおかまちゃんも一緒です。

活動を続けて行くうちに、
そんなふうに、
何人かの有志が、フロントライナーとして、炊き出しを手伝ってくれるようになりました。

ほんとにありがとう。

今日のメニューは、ご飯とチキンです。

だけ、です。

、、、

それだけ?と思いますか?

でも、これが、今、この子たちにとって、ものすごいご馳走なのです。

だって、、、

みんな嬉しそうでしょう?

甘いジュースもあります。

みんな、大喜びです。

久しぶりのちゃんとした食事に、興奮する子どもたちに、
とりあえずソーシャルディスタンスもやらせて、食事を配ります。

いつもはみんなほとんど裸なのに、
今日は、NGOの支援で配った服を、わざわざ着てきてくれています。

みんな、家からお皿を持って集まるのですが、
スプーンとかは持ってこないで、

子どもたちは、その辺に座って、普段通り、手掴みで食べています。

骨とかの食べ残しをもらおうと、犬が寄ってきます。

きっと犬にとっても、久しぶりのご馳走なのです。

外出禁止のなか、久しぶりにあった友だちと、話すことも忘れて、

子どもたちは、一心不乱に、ご飯を食べています。

本当は、毎日毎日、お腹いっぱいにさせてあげたいけど、

ごめんね、今はこれがせいいっぱいなんだよ。

ごめんね、、、



でも、楽しそうでしょ?

炊き出しをしてる方も、食べにくる子どもたちも、

なんか、笑顔です。

だから、

やっぱり、

よかったな

って思います。

こんな小さな力だけど、

こんなささやかな助けだけど、

でも、

今できるせいいっぱいの気持ちを届けられたらいいな、、

ずっと、

そばに寄り添って

その命を、

子どもたちの笑顔を

守りたい、、

そう、思います。

これからも、ずっと、、、

yumekake.comyumekake.hateblo.jp 

** ** ** **

JOHNです。よろしくお願いします。
海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅
もしよろしかったら、読者登録、スター、 シェアお願いします🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。)
あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。
世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。
そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ”  

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【これは不都合な真実なのか?それともべつに気にしなくてもいいことなのか?】 ~ワクチン接種後死亡事例が計196件(6/4までで)あるという事実~   (#近所の紫陽花 #新型コロナウィルスワクチン接種 #事実を知ることが大切 #政府による情報隠蔽 #ワクチンパスポートが日常的に必要な世界)

www.nikkan-gendai.com

まず、誤解のないように。
数字はあくまでも、ワクチン接種後に亡くなった人数がこれだけいる、というだけで、ワクチンが原因かどうかはわからない。という前提。真実はわからない。たまたまそういうタイミングで亡くなっただけかもしれないし、別に自分も不安をあおるつもりはない。

これはただの数字。実は何の深い意味もないかもしれない。


というか、自分はふつーにワクチン打つし、早く打ちたいし😳

ただ、ワクチン接種関連死も含め、特にワクチン接種が直接の原因ではなくても、これだけ慎重に事を進めてる日本において、ワクチン接種後の死亡事例が計196件(6/4までで)あるという事実は事実。

たぶん日本国民のほとんどが知らない(知らされてない)こと。単なる事実。

で、ちなみに、、さっき書いたみたく、自分はワクチンは必要だと思うし、少しでも早く打ちたい。個人的な理由を言うと、コロナ感染どうこうじゃなく、ワクチンパスポートがないと海外では行動が制限されるから。そして、なんだかんだいって、社会や人々の心を安心させるから。

でも、事実は事実として知っておかなきゃならない。
ひとつ隠し事をしたら、その裏にはもっと重大な事が意図的に伏せられてるかもしれない。
得てして国家とはそういうものだ。
これはいわゆる「不都合な真実」なのだろうと思う。
政府による情報隠蔽と言ってもいいだろう。
だがしかし、
知りたくないけど、知らなきゃいけない事実だ。

もちろんうちら庶民は無力だけど、知ることはできる。

それが大切なのだろうと思う。

ん?何もできないのなら、知らない方が幸せだって?

ああ、そうかもしれないけど、、、

なにはともあれ、いろいろめんどくさい世の中だ。

めんどくさいのは嫌だけど、無責任なのはもっと嫌。

そして、世の中、いろいろ騒いでるけど、自然は変わらない。
こんな時にわざわざ名所に行って人混みに加わる気はないけど、買い物への短い道程でさえ、ほんの近所の紫陽花が、こんなにもきれいに咲いてる。

f:id:yumekake-john-ngohope:20210613123955j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20210613124029j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20210613124053j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20210613124116j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20210613124138j:plain
🌏🌏 🌏🌏 🌏🌏
コロナ渦に襲ったスラムの被災地復興支援のためのクラウドファンディングを行っています。ご支援・ご協力お願い致します。

readyfor.jp

youtu.be

 

yumekake.com

yumekake.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示される広告を見て頂くと、そのクリックがNGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【コロナ渦の災害と避難所生活】 ~避難所の感染防止対策とどうしようもない現実~   (#新型コロナウィルス #国際協力NGO #災害復興支援 #SDGs #フィリピンの教育制度 #コロナ渦のフィリピンの教育事情と貧困による教育格差)

f:id:yumekake-john-ngohope:20210611165052j:plain

日本でも、これからまた大雨等の災害が発生しがちな季節を迎えます。
そして問題となるのが、避難所の感染防止対策です。
もちろんそれは、NGOで支援をしている、ここフィリピンでも同様です。

先日起きたスラムの火災の被災者の避難所の様子を紹介します。
避難所となっているのは、地元の公立学校です。
ここは、小学校とハイスクール(日本でいう中・高校)が一緒になっており、一画には幼稚園もあります。
ちなみにフィリピンの教育制度は、高校卒業までが義務教育です(といっても貧困のため学校に行けない子どもはたくさんいます)。
中高一貫教育だとかのオシャレ(?)なものではなく、とにかく子どもの多いフィリピンなので、小学校は午前の部と午後の部にクラスが別れ、そしてハイスクールは夜間というふうに、ひとつの学校で授業が行れています。
ですので、朝は6時とかから子どもの声がして、まだ12歳の中学生が夜に授業を受けています。
少しお金のある家は、昼に授業のある私立高校に行ったり、交通費を出して離れた他の学校に行ったりしています。
この地域は、スラムの密集した家々が拡がり、特に子どもの数が多いので、地元の公立学校は、このような児童・生徒の過密状態をなっています。
そして、この避難所となっている学校もNGOの現地事務所の近くにあり、支援してる子どもが多く通っています。

しかし、今、フィリピンは、新型コロナウィルスのパンデミックにより、昨年3月よりずっと世界最長のロックダウンが続いている学校も対面授業が禁止で、子どもたちは通っていません。
授業は、モジュールクラスとオンラインで行われています。
モジュールクラスといっても、実際に現地で行われているのは、簡単に言ってしまえば、学校から毎週プリントを渡されて、それを家で行う、いわゆる宿題です。
お金のない貧困層は、パソコンもタブレットも、そしてインターネット環境も不十分なので、オンラインクラスには参加できず、みんな、家でこのモジュールをやってます。
もちろん貧困による教育格差は広がるばかりです。

この、現在は子どもが通っていない学校のグラウンドが避難所になり、テントが並んでいます。
災害における避難所と感染対策の問題は、日本でもよく話題になります。
フィリピンでは、少し前までは、こういう時は仕切りも何もない雑魚寝だったのですが、さすがにコロナ渦の今、自治体も、このテントだけは用意してくれました。(その後の支援は何もないです。)

といってもそれで感染対策が充分か、といったら、とてもそうは思えません。
マスクやアルコールの支援はしています。
ただ、狭い地域に人々が密集して暮らしている状態、また、テントの中はとても暑いので、ほとんどは外で過ごしています。
24時間、マスクをして過ごせるわけでもありません。食事や栄養も満足にはとれません。衛生状態も良くないです。
屋外なので野良犬もフラフラしています。そして、ひとつのテントを、家族や親戚で利用しているのですが、そもそも家族の構成人数がフィリピンは多いのです。
密閉されたテントの中で大家族が暮らすという状態では、いつ家族内クラスターが起きても不思議ではなく、また、それはあっという間に避難所に拡がるでしょう。
そのような恐れや不安もあります。
でも仕方がないのです。
今はここで、この厳しい環境を耐えて、生き抜いていくしかありません。
それに、しょうじき、コロナよりも、火災で燃えた家、あの恐怖、現在そして未来の生活への不安、の方が今は大問題です。

そんな様々な悪条件や不安と戦いながら、人々はなんとか毎日を生きています。
以前の生活を取り戻し、安心した日々を送れるまでには、おそらくまだ長い月日が必要で、避難生活は長期化すると思われます。
NGOでは、このように避難所で、また焼け跡で、過酷な生活を強いられている被災者の支援を続けています。
被災者の方々の現在、そしてこれからの、そのかけがえのない命を支えるため、今できるせいいっぱいの支援活動を行っています。

🌏🌏 🌏🌏 🌏🌏
コロナ渦に襲ったスラムの被災地復興支援のためのクラウドファンディングを行っています。ご支援・ご協力お願い致します。

readyfor.jp

youtu.be

 

yumekake.com

yumekake.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示される広告を見て頂くと、そのクリックがNGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【フィリピン日本ハーフの笹生優花選手の全米女子オープン優勝、、についてのちょっとしたあれこれ】 ~フィリピンではほとんど話題になってないという文化の違い、、、 (#ご両親は20歳の年の差婚 #国による文化の違い #二重国籍 #畑岡奈紗選手との日本人同士のプレーオフ)

f:id:yumekake-john-ngohope:20210607154159j:plain

フィリピン日本ハーフの笹生優花選手が全米女子オープンで優勝した。おめでとう。

自分はゴルフに特に関心はないけど、ゴルフ人気のある日本のTVでは朝からけっこう大騒ぎしてるので、こうやってふつうに知ってる。

ところでこのニュース。日本では、「史上初の日本人同士(畑岡奈紗選手との)のプレーオフ」なんだけど、現地アメリカ他海外では、「フィリピン人と日本人のプレーオフでフィリピン人が勝った」と報道されてる。

で、笹生選手はオリンピックにはフィリピン代表として出場予定。

「東京で開催されるオリンピックに出たい!」(フィリピン代表なら確実)という思いもあるし、といっても「日本代表は難しいからフィリピンで」みたいな、よくあるやつとはちと違う。今回、日本で世界ランク最上位の畑岡選手に勝ったことで、おそらく日本代表もじゅうぶん狙える。

そんな彼女は、現在はフィリピンと日本の二重国籍なんだけど、将来的(22歳まで)には、日本国籍にするって言ってる。まあ、今もふつうに日本で暮らしてるんだしね😊

彼女の両親はフィリピン女性と日本男性のカップルにありがちな年の差婚(20歳差)。まあ、そのへんには突っ込むのはやめとこう😁

そして、、、

そんな彼女の母国(生まれはフィリピン)でもある、そのフィリピンでは、、、

NGOの現地事務所があるフィリピンにはたくさんの知り合いがいるんだけど、とりあえず自分の周りの現地フィリピン人は、今のところ、誰も彼女のことを知らない。オリンピックにも興味ない、、、😅
 
 

asia.nikkei.com

yumekake.com

yumekake.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示される広告を見て頂くと、そのクリックがNGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂
🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂
自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。
こちらの「ひとことつぶやき~」カテゴリーでは、主に、日本(NGO活動は無償で行っており、普段は日本で働きながら、現地と行き来しています。)の、ちょっとした日常のつぶやきをしています。
また、このブログの主題としては、、、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。
今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【たとえささやかな支援でも、今その時、本当に必要な支援を】 ~コロナ渦のスラムを襲った大火災への緊急支援・NGOの活動紹介~  (#フィリピンセブ #国際協力NGO #SDGs #新型コロナウィルスと災害 #クラウドファンディング)

f:id:yumekake-john-ngohope:20210605182829j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20210605182852j:plain

新型コロナウィルスによる世界最長のロックダウンに苦しむフィリピン。
ロックダウンにより仕事を失い、厳しい生活を送るスラムを襲った大火災の被災地復興支援活動を、NGOでは行っています。
NGOってこういうこともしてるんだなって活動紹介になったら幸いです。

先日、NGOが運営するスラムの子どもの施設(被災地のスラムからも、避難所の学校からもすぐ近くです)を利用し、被災者の方々へ、食糧や歯ブラシや歯磨き粉、ミルク、石けん等の支援物資を配給しました。

スタッフ手作りの幕は当日の小雨でにじんでますが、気持ちがこもっています。また、YUMEKAKEというのはNGOのプロジェクト名で、日本と現地の「夢の架け橋」という意味です。

現在行っていますクラウドファンディングにおける支援金や、その他NGOへの寄付等は、6月末のイベント(生活用品や食糧等のまとまった配給と炊き出し)に使用するためなのですが、それまでもこうして緊急の支援活動を行っています。

readyfor.jp

ただ、NGOでは、もともと今まで、ロックダウンによる失業で生活が苦しいスラムの人々への支援活動を続けてきていることもあり、資金が足らず、今回の火災への支援につきては、現在、自分の日本での生活費から出しており、当然、思うような支援はできていません。

それでも、とにかく日々の命をつないでいくために、現地スタッフや地域住民の有志、現地ボランティアと協力して、ささやかなものですが、支援活動を行っています。

ちなみに自分(NGO代表・松沼裕二)は、NGOの代表として、平常時は(現在はコロナのパンデミック出入国に制限がありますが)、日本とフィリピンを往復しながら活動しているのですが、普段は、日本に居住し、仕事(NGOではなく、日本での生活のための仕事です)をして生活し、また、NGOの活動資金を捻出しています。

他にも活動を手伝ってくれている日本のスタッフもみんな、それぞれが仕事を持ち、NGOの活動はすべてボランティアで関わってくれています。

そんなスタッフのみんなや、NGOの活動を理解・協力してくれる方々、支援者の方々のおかげで、今回の緊急事態にもなんとか対応できています。

多くの被災者は、家も仕事もお金も食べ物もなく、途方に暮れています。
日本では当然のように行われる、行政からの充分な支援もありません。
先のことを考えると、本当に希望を失ってしまいそうになります。
それでも、みんな、その日その日を耐え忍び、なんとか未来へと繋げていこうと、せいいっぱい生き抜いていこうとしています。
そんな被災者の方々のために、自分らも、できる限りの支援を続けています。

今回の支援物資は、現地スタッフが、被災者の各テントや焼け跡を周り、今いちばん必要なものを聞いて、その報告をもとに準備したものです。
日本でも同じですが、災害の被災地では、その時その時でニーズが変化していきます。
NGOでは、そのような「今本当に必要な支援」を、被災者の方々に寄り添いながら把握し、支援活動をしています。

youtu.be

 

yumekake.com

yumekake.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示される広告を見て頂くと、そのクリックがNGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【少しずつでも前に進んでいくために】 ~コロナ渦のスラムを襲った大火災への緊急支援・NGOの活動紹介~  (#フィリピンセブ #国際協力NGO #SDGs #新型コロナウィルスと災害 #クラウドファンディング)  

f:id:yumekake-john-ngohope:20210530212137j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20210530212159j:plain

早朝の被災地。

いつものようにスタッフが焼け跡の様子をチェックしに行きます。

早朝に訪れたので、この写真では、一見、まだ人はいないように見えます。

でも本当は違います。

焼け跡にはもう人が戻ってきています。

家を建てているとかではありません。

不安と悲しみと寂しさに襲われた子どもたちは、避難所では眠ることができず、愛着のある自分の家の焼け跡で過ごしています。

何も整備されていない危険な焼け跡で、何も無くなったかつての家があった、今は屋根も床もない場所で、何人もの子どもたちが寝ています。

そして、お昼になると、避難所から、たくさんの人たちがやってきます。

自分の家の焼け跡から何か残っているものを探したり、簡単な寝床を作ろうとしていたりしています。そのまま多くの被災者がここで一日を過ごします。

すべてが燃え尽きてしまった、かつて我が家のあった場所で、、、

スタッフが毎日、被災地を訪れて状況を調査しています。中には、こうして集まってくる人たちのために、焼け跡にビニールシートと半焼けの柱で建てた粗末な掘っ立て小屋で、わずかな食器を準備し、簡単な食事ができるお店を開く者もいます。このお店の方もやはり被災者で、もともと火事の以前、ここでお店をやっていました。

このように、悲惨な状況の中でも、人々は、なんとか少しずつでも前に進もうと、懸命に生きています。

そんな被災者の方々のために、少しでも力になれるよう、そして、一日も早く、子どもたちが以前のように安心した環境で過ごせる日がくるよう、家族でゆっくり眠れるよう、NGOでは、できる限りの支援を行っています。

🍀🍀 🍀🍀 🍀🍀

被災者の方々の日々の命を支えるために、また、長期化すると思われる避難生活への継続的な支援のために、NGOではクラウドファンディングを実施しています。
もしよろしければ、ご支援・ご協力をお願い致します。

readyfor.jpまた、被災地の現状と火災の様子をNGOYoutubeチャンネル(チャンネル登録お願い致します)にて紹介しています。

youtu.be



yumekake.com

yumekake.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。
表示される広告を見て頂くと、そのクリックがNGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。
今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【親のためにワクチン接種の予約をしてるのだが】 ~中途半端な田舎の悲哀🙄😓😢  (#ひとことつぶやき日本より #ただのグチ #埼玉県久喜市 #UQモバイルWiFiの速度制限 #無限ループ地獄) 

f:id:yumekake-john-ngohope:20210525103521j:plain
f:id:yumekake-john-ngohope:20210525103542j:plain
f:id:yumekake-john-ngohope:20210525103558j:plain
f:id:yumekake-john-ngohope:20210525103614j:plain

うちの自治体でやっと今日から75歳以上の高齢者のワクチン接種の予約受付が始まった。(遅いでしょ?ちなみに接種は来月から)
親のためにWebで、仕事をしながら、予約サイトにアクセスしてるのだが、、、
とりあえず、ただただアクセス制限(写真①)。
で、9時からなのに、9時15分くらいになっても、システムメンテナンス案内(写真②)も交互に出る。
でもってその後は、基本、ひたすらアクセス制限画面につながるだけなのだが、15~20回に1回くらい、ログイン画面(写真③)につながる。
「やった!」と、ログイン情報を入力して、次へ進もうとすると、またアクセス制限画面①、、、
そして、これまで2度、ログイン画面の先へ行けてログインできたのだが、予約画面に行こうとすると、結局またアクセス制限①。
そんな無限ループ地獄。

やってられん😒
ったく、ほんと、中途半端な田舎は嫌だ。マジな田舎なら人数が少ないから早く繋がるだろうし、都会なら大規模接種とかやってるし。
あとはあれだな。こうゆー時にいつもそうなんだが、ネットスピードが遅いから、途中で切れるのかな。
お金の節約のために携帯もPCも何もかもUQモバイルWi-Fiでやってるんで、常にデータ通信量超過で速度制限かかってて、Youtubeさえまともに見れん時があるし。
ま。そうゆーことだ。貧乏人はワクチンさえ打つのが大変だ😞
はぁ(´Д`)……
オレ、そんなヒマじゃないんだけど。
でさあ、、自分の予約の時はもっと大変なんだろうなあ、、、

てゆーか、もう10時半なんだけど😑

readyfor.jp

yumekake.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。
表示される広告を見て頂くと、そのクリックがNGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂
🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂
自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。
こちらの「ひとことつぶやき~」カテゴリーでは、主に、日本(NGO活動は無償で行っており、普段は日本で働きながら、現地と行き来しています。)の、ちょっとした日常のつぶやきをしています。
また、このブログの主題としては、、、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。
今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【被災者の方々の心に寄り添いながら、その命を支える支援を】 ~コロナ渦のスラムを襲った大火災へのNGOの支援活動~  (#災害緊急支援 #クラウドファンディング #フィリピンセブ #国際協力NGO #SDGs)

f:id:yumekake-john-ngohope:20210523202745j:plain
f:id:yumekake-john-ngohope:20210523202806j:plain

コロナ渦のスラムを襲った大火災への、NGOの支援活動の様子を報告します。

フィリピンでは昨年の3月より、未だに世界最長のロックダウンが続き、行動制限や経済活動の停止により、人々は仕事を失い、その生活は疲弊しきっています。特に、NGOが支援している貧困地域のスラムでは、人々は本当に苦しい生活を強いられています。

そのような状態の中、先日、大きな火災が発生し、多くの人々(147世帯550人)が被災しました。NGOでは、すぐに支援活動を始め、また、避難所や焼け跡を毎日訪れ、被災者のケアを行っています。

このような緊急事態のために、ストックしてる衣服を配給し、そして、日々の命を繋いでいくために、地域住民と協力して、炊き出しを行っています。

日々の支援を続けながら、被災者の今後の生活の構築のための生活必需品や医薬品、食糧の支給を計画しており、そのための資金として、今回、クラウドファンディングを実施しています。皆さま、もしよろしければ、ぜひとも、ご支援・ご協力お願い致します。

readyfor.jpまた、NGOYoutubeチャンネルで、被災地の現状についてアップしています。ご視聴(もしよろしければチャンネル登録)お願いします。

youtu.be現地では、例えば日本のように、行政の対応や支援が多く望めない状態であり、被災者の方々の今後の支援のために、NGOでは、毎日、避難所や焼け跡を訪れ、被災者名簿を作成し、また、日々、今必要な支援・ニーズを、聞いて周っています。

スラムの人々には充分なお金も満足な仕事もありません。その上に、火災によりすべてを失った人々が、もとの生活を取り戻すには、まだ長い月日が必要です。

NGOでは、火災の恐怖と、たくさんの大切なものを失った喪失感に打ちひしがれ、今後の生活への不安におびえる被災者の方々のそばで、その心によりそい、話を聞き、その時その時できるケアをしながら、そして、今後の支援計画を立てています。

被災者の方々が少しずつでも前に進んでいけるよう、ほんの小さな力かもしれませんが、今できるせいいっぱいの支援を行っています。

 

yumekake.com

yumekake.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示される広告を見て頂くと、そのクリックがNGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂
🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂
自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。
このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。
今後ともよろしくお願い致します。 🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。 【

国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【たかがオリンピック、されどオリンピック】 ~やるにしろやらないにしろ責任と負担を負うのは国民だよ。そこはOK?~  (#オリンピック中止 #芸能人の聖火ランナー辞退 #日本にオリンピック中止の決定権はない #オリンピック開催辞退でも違約金は生じないが #緊急事態宣言とオリンピックとワクチン #オリンピックとロックダウンと自殺者増 #途上国の切実なオリンピックドリーム #ミスユニバースミャンマー代表のアピール)

f:id:yumekake-john-ngohope:20210526143611j:plain

国内ではすっかり「中止にしろ」って世論が優勢なオリンピック。

観客も入れてるスタジオ収録に参加したり、街ロケをしてる芸能人が、流行りに乗っかって(?)聖火ランナーを辞退したりしてるのは、意味が解らんが🙄

とにもかくにも、日本の世論がどう騒ごうが、日本には中止を決定する権限はない。決めるのはIOC。今、IOCがやるって明言してるので、現時点ではもう開催は、国際的に正式なものとして決定してるってこと。

で、日本にできるのは開催を辞退すること。

あ、ちなみに辞退しても違約金は明記されていない。が、関係各方面への損害賠償(表向きにはある程度考慮はされるだろうけど)や経済的損失は莫大なものになる。で、、そのことは置いといても、、、

なんてってもやっぱりIOCに対して多大な影響力を持つアメリカを始め欧米では、ワクチン接種が進んでて、オリンピックを中止にする(参加をやめる)理由がなくなった。

というか、もともと、、、日本開催なのに、競技実施時刻をアメリカのTV放映時間とかに合わせたりしてるくらいなので、アメリカがやるって言ったら日本はとりあえずYESと言うしか。

緊急事態宣言は日本国内の事情なんで政府も飲食店の営業自粛要請とかできるけど、それとこれとは違うということ(国民にとっては同じなんだけどね!😶)。

で、もうひとつの大国、中国ももうコロナは終わってる気になってるし、来年冬の北京オリンピックのためにも今回のオリンピックもあんまし問題を大きくせずにサクっとやっといてもらいたいだろう。

というわけで、菅政権はめっちゃ難しい立場に立たされてる(たぶん「ほんとはオレだってやりたくねーんだよ!」っておもってるんじゃないかと😅)わけだけど、個人的には自民党は嫌いだけど、ここはなんとか乗り切って、世界に「やっぱやるな日本は」って思わせてほしい。あ。オリンピックこのままやるならね!(自分的にはしょうじきどっちでもいいんだけど、ほんとにやるなら協力はするよんって感じ?)

でも、このまま開催するなら、日本国民にはみんな、自己責任って言葉の重みと覚悟はのしかかるよ。なんせ命がかかってる。オリンピックが原因でパンデミックが発生で死者急増、なんてシャレにならない。たかがオリンピックで、、、

いや、でも、されどオリンピックでもある。

特に選手や関係者にとってはそうだろう。世界選手権優勝とオリンピック優勝とでは、あきらかに格が違うのだ。

例えば、途上国の代表選手なんて、オリンピックで好成績を収めたら、家族共々、一生涯安泰な生活が保障されたりする。そんなオリンピックドリームは世界にはたくさんある。

だから、、当事者ではない自分には、なんて言ったらいいのかわからない。

ところで。

緊急事態宣言なのにオリンピック?って日本人は思うかもだけど、

実は海外から見たら、規制ゆるゆるの緊急事態宣言なんて何の関係も関心もないんだよね。そもそも欧米から見たら、日本は(今現在も)ずっと感染状況が収まってる安全な国だったりする。
だからオリンピックもOK。IOCもひたすら無茶なことを言ってるわけではない。例えば今のインドが開催国だったらさすがに中止する(と、思う😅)

アメリカでオリンピック中止を唱えてる識者とかは理由をこう言ってる。緊急事態宣言がどうとかではなく、「日本はワクチン接種が進んでないから危険」と。

こんなワクチン至上論が今の世界の流れなのだが、それが正しいのかどうかはまだわからないない。でも仕方ない。それなりの結果も出てるわけだし、乗っかるしかないだろう。

そうそう。こないだアメリカが、なぜかこのタイミングで、日本への渡航禁止制限レベルを引き上げたけど、結局それも「さっさとワクチン打てよ」のプレッシャーを日本政府に与えるためだろう。

「うち(アメリカ)やEU(ヨーロッパ)もだいたいは、もう大丈夫だぜ。何やってんの日本は?しっかりしてくれよ。なんだかんだいってアジアで中国(や北朝鮮)を抑える(経済的にも軍事的にも)初めの砦(とりで)は、日本なんだよ?わかってる?」

ま。結局そうゆーことだ🙄

そして、、、

もしオリンピックが中止になったら日本(もしくはいくつかの都市)はとうとう法改正をしてロックダウンに踏み切る可能性がある。

覚えてる?コロナの初めの頃、習近平さん(中国国家主席)の来日が中止になった途端に、海外からの入国規制(遅すぎた)を行ったように。去年、オリンピックの延期が決まった途端、すぐに緊急事態宣言が発令されたように。

日本はそういう手順を踏む国。

ロックダウンは緊急事態宣言とは違う。もちろん移動制限も厳しくなる。今、緊急事態宣言下の東京にも沖縄にもべつに自由に行けるけど(こないだの週末の飛行機は観光客で満席だったらしい😳)、そういう都市間移動も禁止になる。飲食店やイベントは時短や客制限どころではなく、もちろん強制休業。ほとんどの経済活動は完全にストップ。買い物や市外に出るのにパス(移動許可証)が必要になるかも。

そんな、最近の日本人が経験したことのない規制が敷かれる。ちょい前までは、ロックダウンに対して、こんな論があったよね?「コロナによる死者数より、ロックダウンによって仕事を失って困窮した人々の自殺数の方が多いんじゃ?」って。

そういうこと。だよ。

あ。あくまでも現時点でのひとつの可能性の話だけどね。

いずれにせよ、未だ先が読めなさすぎて、政府の対応はほんと難しい。

ちなみにNGOの現地事務所があるフィリピンでは、ほとんどのフィリピン人が、オリンピックを日本でやることも延期になってることも知らない、興味がない、、、それよりこないだ開催された(日本ではあまり話題になってないけど)ミスユニバースの方が注目されてるし、そして、なんてっても、、、8月のマニーパッキャオの復帰戦の方が大事!😳

※写真はミスユニバース本大会で、軍による市民の弾圧に抗議するミャンマー代表。

 

readyfor.jp

yumekake.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。
表示される広告を見て頂くと、そのクリックがNGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。
今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com