YUMEKAKE/JOHN's diary

国際協力活動のなかでのマジメな話からゆる~い話まで/海外から日本から

「ずっとそばにいるよ、、、」 ~飢えに苦しむフィリピン・セブ島のスラムでの支援活動より、、 (#SDGs #海外ボランティア #国際協力NGO #新型コロナウィルス #緊急支援 #子どもの貧困)

f:id:yumekake-john-ngohope:20211113223502j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20211113223532j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20211113223556j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20200629195450j:plain
f:id:yumekake-john-ngohope:20200629195129j:plain
f:id:yumekake-john-ngohope:20200629195523j:plain
f:id:yumekake-john-ngohope:20211113224210j:plain

今日は、山岳スラムの、このあいだとはちょっと違う、隣の部落での炊き出しです。
隣といっても、峠をちょっと越えます。
NGOでは、週に1、2回、このような炊き出しを行っています。

(もしよろしければ、その様子を編集した動画をご覧下さい。)

youtu.be

ここフィリピンでは、ロックダウンにより外出制限がされ、仕事も失ったスラムの貧困層の人々は、深刻な飢えに苦しんでます。

気が付いてみたらもう三ヵ月になろうとしています。既にもう限界です。
また、地域の封鎖と移動制限により、日本でいう県境どころか、何丁目という区画からも自由には出られません。
この炊き出しも許可を得て、現地のフロントライナーと協力して行っています。

このあいだ、この山岳スラムに住む高校生の女子が、facebookに、

「もう塩は飽きた!」

と笑えない冗談を投稿していました。

いえ、、本当は冗談ではないのですが、、、

自分がそれを見て、「大丈夫?」とメッセージを送ったら、

「大丈夫。ありがとう。冗談よ」と強がってくれた、というだけです。

配給されたお米を、うすいおかゆにして、味付けは少量の塩で、
それが毎日の、いつもの食事です。

そんな 思いやりと強さを持った彼女と出会ったのは、
自分が、この地域を支援し始めた頃でした。

彼女はまだ4歳でした。

そして、今ではもう高校生です。

自分らがこの山岳スラムを訪れて、支援活動をするといつも手伝ってくれます。

あの頃は、自分を見ると怖がって、いつも泣いてた子が、
今では、将来のことを、一緒に、語りあったりします。

彼女は言います。

「私も、周りの困った人たちを、助けられる人になりたい」

と。

今日は、そんな高校生のボランティアや、

そして、仲良しのおかまちゃんも一緒です。

活動を続けて行くうちに、
そんなふうに、
何人かの有志が、フロントライナーとして、炊き出しを手伝ってくれるようになりました。

ほんとにありがとう。

今日のメニューは、ご飯とチキンです。

だけ、です。

、、、

それだけ?と思いますか?

でも、これが、今、この子たちにとって、ものすごいご馳走なのです。

だって、、、

みんな嬉しそうでしょう?

甘いジュースもあります。

みんな、大喜びです。

久しぶりのちゃんとした食事に、興奮する子どもたちに、
とりあえずソーシャルディスタンスもやらせて、食事を配ります。

いつもはみんなほとんど裸なのに、
今日は、NGOの支援で配った服を、わざわざ着てきてくれています。

みんな、家からお皿を持って集まるのですが、
スプーンとかは持ってこないで、

子どもたちは、その辺に座って、普段通り、手掴みで食べています。

骨とかの食べ残しをもらおうと、犬が寄ってきます。

きっと犬にとっても、久しぶりのご馳走なのです。

外出禁止のなか、久しぶりにあった友だちと、話すことも忘れて、

子どもたちは、一心不乱に、ご飯を食べています。

本当は、毎日毎日、お腹いっぱいにさせてあげたいけど、

ごめんね、今はこれがせいいっぱいなんだよ。

ごめんね、、、



でも、楽しそうでしょ?

炊き出しをしてる方も、食べにくる子どもたちも、

なんか、笑顔です。

だから、

やっぱり、

よかったな

って思います。

こんな小さな力だけど、

こんなささやかな助けだけど、

でも、

今できるせいいっぱいの気持ちを届けられたらいいな、、

ずっと、

そばに寄り添って

その命を、

子どもたちの笑顔を

守りたい、、

そう、思います。

これからも、ずっと、、、

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.comyumekake.hateblo.jp 

** ** ** **

JOHNです。よろしくお願いします。
海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅
もしよろしかったら、読者登録、スター、 シェアお願いします🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。)
あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。
世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。
そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ”  

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【台風により破壊されてしまった山奥の小さな村の平和な光景を、いつかまた取り戻せるように】 ~山岳スラムの未来へと続く長く険しい道のり、、   (#台風22号Odette被災地復興支援 #フィリピンセブ #国際協力NGOの草の根の支援活動 #SDGs #海外ボランティア #使用前使用後の画像 #クラウドファンディンングCAMPFIRE)

f:id:yumekake-john-ngohope:20220117201105j:plainフィリピン・セブ島の、NGOで支援している山奥の村のスラムに行く途中の道です。

夏と冬ではありません。

だってここは常夏の国フィリピン。熱帯雨林

木々は一年中、緑です。

そう、これは、、

昨年12月にフィリピンを襲った台風22号の、それ以前とその後です。

向かって右の朽ち果てた木々の写真は、現在のものです。

暴風雨により枝や葉を飛ばされ、折られ、こんなふうになってしまいました。

台風の猛威と恐怖は、自然さえも襲い、何気ない風景の形をを変えてしまい、そして、森の多くの生命を奪っていったのです。

被災から一か月が経ち、舗装道路はだいぶかたずけられ、このようになっています。

しかし、NGOで支援してる山岳スラムへは、この先、舗装道路は無くなります。

車も入ることはできません。

台風による地滑りや倒木で、小さな峠道はズタズタになってしまいました。

f:id:yumekake-john-ngohope:20220117201928j:plain

重機等も入れず、人の手だけで、この道をなんとか通れるように、被災者の皆で協力して、日々、ガレキを片付けています。

同時に、倒壊した自らの家を、片付けたり、ブルーシート等で少しづつ修繕して、なんとか住めるように四苦八苦しています。

台風22号がこの地を通り過ぎたたった一晩で、人々の生活も、とりまく風景も、そのすべてが変わってしまいました。


台風の被害によって、今は朽ち果ててしまっている森の木々たち。

もしかしたらこのまま枯れてしまうものもあるでしょう。

でも、多くの木々は、自然の中で強く生き続け、いつかきっと、もう一度、緑の葉を育み、実をつける日がくるはずです。

どれくらいの時間がかかるかわかりませんが、この峠道も、いつの日かまた、以前のように、光輝く緑に包まれる時が訪れるはずです。

そんなふうに、地道に、少しずつ、この地に根差しながら、生活を立て直していくことができるはずです。

その日を信じて、被災者のみんなで力を合わせて、今の辛い状況を乗り越えていけたら、

今は倒れた木々や散乱したガレキで凄惨な状況にある村の風景ですが、少しづつでも穏やかな光と緑と共にある、元の村の姿を取り戻せていけたら、と思います。

そして、自分も、いつかきっとこの山奥の小さな村に、以前のようなのんびりと平和で、安心した時が訪れ、人々の明るい笑顔があふれる、その時まで、共にがんばっていきたいと思います。

いつかきっと、

ガレキのなくなった村の空き地を、子どもたちとまた走り回れるように、、、

youtu.be🍀フィリピン・セブ島を襲った超大型台風により被災し、たくさんの大切なものを失い、飢えと不安の中、それでも日々をなんとか生き抜いていこうとしているスラムの人々の命を支えるため、子どもたちの未来への夢と、その純真な笑顔を守るためNGOでは支援活動を行っていますそして、その支援活動のためのクラウドファンディングを実施しています。皆さま、もしよろしければ、あたたかいご支援・ご協力をお願い致します。

camp-fire.jp

yumekake.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示されるスポンサー広告のページを開いて頂くだけで、NGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【被災地のスラムで見つけた小さな奇跡】 ~台風22号の被災者の哀しみと恐怖。家屋の倒壊、地滑り、洪水、未だ続く停電と断水。食料も水もない被災地フィリピンセブ島の惨状。そしてNGOの草の根の支援活動、、   (#Youtubeチャンネル #クラウドファンディンングCAMPFIRE #国際協力NGO #海外ボランティア #SDGs #草の根の国際協力 #台風22号被災地フィリピン緊急支援)

youtu.be

フィリピン・セブ島のスラムの真ん中に現地事務所を置き、活動している国際協力NGOYoutubeチャンネルに、動画をアップしました。

昨年12月17日にかけて、フィリピンを襲った台風22号の、現地の被災の様子と、NGOの支援活動の報告です。

日本では不思議なくらい報道されませんが、動画を見て頂くと、台風の凄まじさと、現地の惨状、被災者の恐怖と哀しみが伝わると思います。

また、もしよろしければ、チャンネル登録をして頂けたら幸いです。

Youtubeチャンネルでは、今後も、NGOで支援するフィリピンの現地のスラムの様子の映像を中心に、世界の現実を知って頂き問題提起したり、子どもたちの笑顔に癒されるような動画をアップしていきたいと思います。(時には日本や他の国からも配信します(^^))

よろしくお願い致します。

チャンネル登録が1000人以上になると広告配信が行われ、収益が発生します。その場合、このチャンネルにおける収益については、すべて、NGOにより、フィリピンのスラムの支援に使われます。ご協力をお願い致します。

話を戻して、台風22号により、NGOの現地事務所も、また、周辺のスラムも大きな被害を受けました。ほとんどの家の屋根(粗末なトタン屋根です)は吹き飛び、壁も飛ばれた家も多くあります。

そして、NGOの支援地域である山奥のスラムでは、この台風により、やはり多くの家屋が倒壊し、倒れた木の下敷きになって潰された家もあります。地滑りや倒木で、ふもとの町との行き来が遮断され、孤立状態に陥り、人々は、食料も水も灯りもなく、たへん困難な生活を強いられています。

NGOでは、そのような孤立状態の山村や、政府の支援がなかなか届かない郊外のスラムを中心に、炊き出しや生活物資の配給等の支援活動を行っています。(動画に炊き出しの様子もあります。)

ずっと続いていた停電と断水は、町なかでは少しづつ復旧しつつあります。しかし、山奥の小さな村においては、まだしばらく時間がかかるかもしれません。そして、この寒村のスラムの人々には、壊れた家をまた建て直すお金もなく、これからまだ長い間、先の見えない暗闇の中、壊れた家にブルーシート等を張り、風雨もまともに防げないような家で、被災者は過ごしていくのです。

そんな、いつ終わるともわからない辛い生活の中に、それでも被災者の人々は、ほんのわずかな希望や幸せを見つけ、祈り、信じながら、強く生き抜いています。

自分らも、少しでもその手助けができるよう、被災者の方々と力を合わせて支援活動を続けていきます。

被災者の方々のもとに一日も早く元の安心した生活が戻るよう、そして、子どもたちの笑顔があふれ、たくさんの笑い声が響く村の光景をもどるよう、、

f:id:yumekake-john-ngohope:20211218145901j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20220111151120j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20220111151158j:plain🍀フィリピン・セブ島を襲った超大型台風により被災し、たくさんの大切なものを失い、飢えと不安の中、それでも日々をなんとか生き抜いていこうとしているスラムの人々の命を支えるため、子どもたちの未来への夢と、その純真な笑顔を守るためNGOでは支援活動を行っていますそして、その支援活動のためのクラウドファンディングを実施しています。皆さま、もしよろしければ、あたたかいご支援・ご協力をお願い致します。camp-fire.jp

yumekake.com

yumekake.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示されるスポンサー広告のページを開いて頂くだけで、NGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【新年あけましておめでとうございます】 ~「今年の目標」とかいつもは意識しないんだけど、今年は立ててみた!   (#今年の年賀状 #趣味が読書だとコロナ疲れもしない #一日ひとことも言葉を発しない #去年は電車にも乗ってないし外食もしてない #年が明けてやっと年賀状を出した #2022年寅年今年もよろしく #今年は令和4年2022年)

f:id:yumekake-john-ngohope:20220111163442j:plain

そんなわけで今年の年賀状。

あけましておめでとうございます😊
ん?遅い?
だって年賀状出したのだってつい数日前だし😳

まあ、
そんなわけで、寅年ってことで、昔の写真を引っ張り出して年賀状を作ってみた。

赤ちゃんトラと自由にふれあえるっていうアトラクション(タイ)なんだけど、赤ちゃんっていっても虎なわけで、めっちゃ可愛いんだけど、やっぱそうとう乱暴。

まあ、凶暴な大きな猫、といえばそうなんだけど、女性とかだと、ミルクをあげてジャレてるのが、なんだか野獣に襲われてるみたいだった😅

で、こういう乱暴なジャレあいが好きな自分は、気合を入れて、裸足になって、めっちゃハードに絡んであげてたら、虎も嬉しかったのか、だんだん調子に乗ってきて、ほとんど格闘してるみたいになってた😅

爪も牙もそのままで鋭いし、もちろん噛まれて引っかかれて、傷だらけで流血もしてたし服も破れた🤣

でも、虎も楽しそうだったし、自分も楽しかった😊

ところで、こないだも書いたかもだけど、

去年は、電車にも乗ってないし、というか、一度も遊びにも外食とかにも行ってない。

頼まれごとやお手伝い、お墓参りとかで、会った人も、家族や親せき入れても、6人しかいなかった😅

家でひとりで仕事してるってのもあるけど、ほんっとに出かけなかった。

コロナのステイホームの続きもあるかもだけど、まあ、もともと月に一回あるかないかくらいしか遊びにでかけなかったんだけどね😅

なんていうん、、一日、ひとことも言葉を発しなかった、とかぜんぜん珍しいことじゃなかったし。 

かといって、自分のキャラを知ってる人はわかると思うんだけど、決して非社交的でもなければ、引きこもりっていうタイプでもない。むしろアクティブにいろいろ出かける人って思われてるような気がする。

なんだけど、べつにこうやってひとりで誰とも会わず引きこもってるのも嫌いじゃないし、特にストレスもたまらない。しょうじき言うと「コロナ疲れ」とかの意味がわからない。まあ、いちばんの趣味が読書っていうのもあるし。

なんだけど!

やっぱひたすらずっとこれじゃヤバイ気もするし、

今年の目標は、

「人に会うこと」!🤣


yumekake.com🍀フィリピン・セブ島を襲った超大型台風により被災し、たくさんの大切なものを失い、飢えと不安の中、それでも日々をなんとか生き抜いていこうとしているスラムの人々の命を支えるため、子どもたちの未来への夢と、その純真な笑顔を守るため、NGOでは支援活動を行っています。そして、その支援活動のためのクラウドファンディングを実施しています。皆さま、もしよろしければ、あたたかいご支援・ご協力をお願い致します。

camp-fire.jp

yumekake.com

yumekake.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示されるスポンサー広告を見て頂くだけで、NGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

こちらの「ひとことつぶやき~」カテゴリーでは、主に、日本(NGO活動は無償で行っており、普段は日本で働きながら、現地と行き来しています。)の、ちょっとした日常のつぶやきをしています。 また、このブログの主題としては、、、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【それでもここで生きていくしかない】 ~台風22号の被災により孤立したフィリピンの山奥の村より、、   (#台風22号ライOdette #フィリピンセブ被災地の現状 #被災地復興支援緊急支援 #自分の無力に打ちひしがれる #クラウドファンディンングCAMPFIRE #国際協力NGO #SDGs #海外ボランティア)

f:id:yumekake-john-ngohope:20211230120126j:plain昨年末、台風22号によって壊滅的なダメージを負ったフィリピン・セブ島

世界各国同様、フィリピンにも、オミクロン株の感染拡大が急激に拡がっていますが、被災地ではしょうじきみんな、それどころじゃないらしく、コロナの規制が厳しくなっても、被災者の方々は話題にもしていません。

いや、停電と通信障害でTVもネットも見られないので、そのような情報自体を知らないのかもしれません。

というか、「行動制限」「ステイホーム」とか言われても、そもそもステイするはずの家には、屋根も壁もありません。台風によりみんな飛ばされてしまいました。

上の写真は、NGOの支援地域であるセブ島の山岳地帯を、遠くから撮ったものです。

そこにはかろうじて残った家だけが写真に写っています。

そして、ほとんどの家はガレキ同然で、写真にも写らないのです。

もっと近くによって、人々の生活の中に入れば、そこには、このような光景が点在します。

f:id:yumekake-john-ngohope:20211230120157j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20211230120436j:plain山奥の村には、充分な避難所も用意されていません。

被災者は、哀しみと不安に打ちひしがれながら、毎日少しずつ家の片づけをして、そして、屋根も壁もない、「我が家」で暮らしています。

そう、彼らが生きていく場所は、ここしかないのだから。

以前は、上流にあるダムから豊富に水が来ていたのですが、台風の被災で設備が壊れてしまい、今はそれもストップしています。

だから、離れた川まで水を汲みに行き、それを使って調理したり、飲料水や生活水にするしかありません。

ガレキと化した我が家で、家族がひっそりと寄り添いながら、日々を送っています。

風雨を防ぐ術もありません。

停電が続いているので、夜になればどこもかしこも真っ暗。

食糧も不足し、暗闇の中、空腹とこれからへの生活への不安で、眠れない夜を過ごしています。

それでも、

ここで生きていくしかないのです。

そんな被災者の方々に寄り添い、励まし、少しでも手助けができたら、と、現地ボランティアや被災者の方々と協力して、自分らは、炊き出しをしたり、緊急の生活支援物資を配給したり、また、家と生活を建て直すための支援としてクラウドファンディングを実施したりしています。

でも、どうしようもなく無力を感じるしかありません。

途方に暮れてしまうくらいの惨状に対して、自分の手のひらはあまりに小さすぎます。

それでも、できる限りのことをしようと思います。

それは日本から見たら、どこか遠くの島の話かもしれません。

実際そうなのですが、、

自分には、政府からの支援も届いていない孤立した、この小さな山村で、あまりにも辛い困難に苦しむ人々を、飢え、失われていく命を、ほっておくことなんかできません。

本当に、

本当に小さな力でしかありませんが、

少しでも、被災者の方々の気持ちを支えてあげられたら、、、

camp-fire.jp

yumekake.com

yumekake.com

** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示されるスポンサー広告のページを開いて頂くだけで、NGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。 今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【Happy New Year in the dark】~ガレキの散らばる外で祝う、灯りのないニューイヤー。それでもこうして生きて、家族と一緒に新年を祝えるだけで幸せ、、   (#HappyNewYear2022 #被災地の少女からのメッセージ #台風22号フィリピン被災地復興支援 #クラウドファンディングCAMPFIRE #台風災害によるインフラ復旧の遅れ #ガレキの中で迎えるクリスマスと新年 #SDGs #国際協力NGO #遠くてもいつもそばにいるから)

f:id:yumekake-john-ngohope:20220103115611j:plain

Happy New Year 2022

「あけましておめでとう。」

「うん。おめでとう。」
「どんなニューイヤーだった?」
「うーん、、ハッピーとは言えないけど、、、でも、いい年越しだったよ。」
「そっか。よかったね。」
「うん。ありがとう、、
お家も壊れちゃったし、電気もないけど、でも、家族みんなで祝えて、嬉しかった。」

昨年12月、台風22号によって壊滅的なダメージを負ったフィリピン・セブ島

被災地に住む少女と交わしたメッセージ。

NGOの現地事務所があるスラムも、ほとんどの家の屋根が吹き飛び、未だ停電と断水が続き、スマホの充電とかもわざわざモールや発電機のある充電スポットで長い列に並んでしなきゃならない。

多くの被災者は避難所で夜を過ごしていますが、壊れた家にブルーシートを張って倒壊した我が家で暮らす家族もいます。

そんな状態で迎えたクリスマス、そしてニューイヤー。

「これからいったいどうなっていくんだろう。どうしたらいいのだろう。」

そんな不安におびえながらも、人々はできるだけこの年末年始を楽しもうと、家族で励まし合いなら、小さな希望と笑顔を探して、暗闇の中を過ごしています。

新年を迎えるささやかなパーティーも、なんというか、家の中も外も変わらないので、いつもよりほんの少し多めの食事を、未だガレキの散乱する外に並べて、真っ暗な中、キャンドルの灯りをともして、家族で新たらしい年を祝い、祈ります。

「とても辛い状況だけど、それでもこうして家族で新年を迎えられた。それだけで幸せなんだと思う。」

「今、生きてるだけでよかった。本当にそう思える、そんな酷い経験だった。」

新年のメッセージとともに、そんなふうに語る被災者の方々。

自分は、そのような、困難な状況におかれた被災者の方々の心に寄り添って、ほんの少しのできるかぎりの手助けをすることしかできません。

それでも、こんなメッセージをくれる。

「ありがとう、いつも気遣ってくれて。だいじょうぶ。がんばるよ、、」

うん。一緒にがんばろう、、、


yumekake.com🍀フィリピン・<セブ島を襲った超大型台風により被災し、たくさんの大切なものを失い、飢えと不安の中、それでも日々をなんとか生き抜いていこうとしているスラムの人々の命を支えるため、子どもたちの未来への夢と、その純真な笑顔を守るため、NGOでは支援活動を行っています。皆さま、もしよろしければ、あたたかいご支援・ご協力をお願い致します。

camp-fire.jp

yumekake.com

** ** ** **🍀国際協力NGOのブログです。表示されるスポンサー広告のページを開いて頂くだけで、NGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.comyumekake.com

【今年も貧乏暇なしの一年だった】 ~皆さん、良いお年を!~   (#世界最強と無縁なRIZINには興味ない #ガキ使笑ってはいけないのない大晦日は物足りない #紅白歌合戦って今誰が出てるの? #年越しそばはペヤングなんちゃって蕎麦 #2021年はどんな年だった? #皆さん良いお年を)

f:id:yumekake-john-ngohope:20211231193351j:plain
f:id:yumekake-john-ngohope:20211231193409j:plain

Good bye fxxkin' 2021
Thanks for guys
Of course, no celebrate, no party foods, only working alone as usual.
It's okay, welcome 2022 !

どーでもいいけど、今年も終わり。

皆さんどうもありがとうございました。

みんな、どんな年だった?

来年もよろしくね!

てゆーか、ここ数年紅白に興味はないけど、PRIDE(RIZINとは違う。この意味、格闘技好きならわかるよね!)とガキ使のどっちを見ようか真剣に悩んでたあの頃が懐かしーぜ🙄

そんなわけでいつもようにひとりで仕事をしてる😳

あ。写真のペヤング蕎麦は年越しそばのつもりなんだけど、

まあ、色はおそば、味は焼きそばペヤング。ぜんぜんそばではない😅

や、でもなんかちょいピリ辛(韓国風ってこと?てゆーか、そもそもなぜ蕎麦なのに韓国風にした?)でふつうのペヤングよりおいしいかも😳

なわけでおいしい🙂

だからいっか😁

ではでは、皆さん、良いお年を~😊


camp-fire.jp

yumekake.com

** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示されるスポンサー広告を見て頂くだけで、NGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

こちらの「ひとことつぶやき~」カテゴリーでは、主に、日本(NGO活動は無償で行っており、普段は日本で働きながら、現地と行き来しています。)の、ちょっとした日常のつぶやきをしています。 また、このブログの主題としては、、、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。
今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ”  

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【失われた生活を取り戻すために、、】 ~台風22号の被災地フィリピンにおけるNGOの緊急支援活動~   (#クラウドファンディングCAMPFIRE #台風22号ライOdette #フィリピンセブ #被災地復興支援 #国際協力NGO #SDGs #海外ボランティア #災害による停電断水通信障害インフラ破壊 #日本の報道姿勢の偏り)

f:id:yumekake-john-ngohope:20211230132038j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20211230132136j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20211230183330j:plain

2021年12/17にかけてフィリピンを襲った超大型台風22号(フィリピン名Odette)。被災からもう2週間が経つというのに、現地では未だ停電と断水が続き、人々は困難な生活を送っています。インフラの復旧にはまだ数カ月がかかりそうです。

ところで、今、何か感じているのは、「どうして日本ではほとんど報道されないのだろう?」ということ。コロナのオミクロン株や、年末年始のあれこれで、話題があふれているのかもしれませんが、同時期のアメリカの竜巻がけっこうニュースでやってるのを見ると、被災規模はフィリピンの台風の方が遥かに大きいのに、「あれ?」と思ってしまったり、、。まあ、それが国際的な付き合いや、日本の報道姿勢や偏向、国民の国際情勢への関心の度合いなんだな、と複雑な思いを抱いたりもしています。

台風による被災者は、現在確認されているだけでも180万人以上にのぼり、政府の発表がされる毎に死傷者は増え(現時点で死者約400名)、行方不明者はまだ把握することもできないくらいの惨状で、未だ災害の爪痕は深く、被災地は混乱した状況が続いています。

NGOのフィリピン・セブのスラムにある現地事務所や周辺スラムも大きな被害を受けました。NGOでは、長年、現地のスラムの支援を続け、草の根の支援をしており、今回の台風の被災地においても、現在、炊き出しなどの日々の命をつなく支援活動をしながら、今後の復興のための支援計画を模索しています。多くの現地の団体や有志が支援活動や寄付を呼び掛けていたり、政府や外国からの支援の動きもありますが、地域に根差した支援活動を長年続けている自分らのNGOでは、主に、政府等の大きな支援の手が届かないスラムや、孤立状態にある山奥の小さな村の支援を行っています。

そして今回、その支援のために、クラウドファンディングを立ち上げました。超大型台風により、深刻な被害を受け、建物倒壊、地滑り、洪水、停電、断水、通信障害などの被害が発生しており、村の家の9割が全壊した地域もあり、水・食料・避難所などの支援を必要としています。台風でたくさんの大切なものを失い、家も壊され、食料も水もなく、暗闇の中で苦しむスラムの人々の、その命を支えるために、子どもたちの未来への希望と、純真な笑顔を守るために、もしよろしければ、ご支援・ご協力をお願い致します。

camp-fire.jp
台風の襲った12月17日。町も人々もすっかりクリスマス気分でした。コロナがやっと落ち着きを見せ始め、今年はクリスマス(キリスト教国のフィリピンではクリスマスは年間最大のイベントです)を家族でにぎやかに祝えると楽しみにしていたのに、台風がその希望のすべてを奪ってしまいました。

「もうすぐクリスマスね!楽しみね!」と何人ものスラムの子どもたちからメッセージをくれました。「で、わたしのギフトは?」なんていうお決まりの冗談(?)も交えながら。貧困層のスラムの子どもたちには豪華なごちそうも高価なプレゼントもないかもしれませんが、それでもやっぱり家族や親せきで一緒に祝う特別な日を、とても楽しみにしていました。その子どもたちの多くや家族ともずっと連絡がとれていません。安否どうこうも心配ですが、停電で携帯電話の充電もできないし、通信障害でネットが安定していないので、そもそも連絡がとれないのです。

16日の夜。次第に暴風雨が酷くなるセブで、NGOでサポートしている地域の高校生の女の子から、メールが来ました。

「怖いよ。近所の家が台風で壊れちゃったの。家の下敷きになって死んじゃった人がいるの、、」
「停電でもう充電できないからごめんね。またね、、」

その子とも、あれから連絡は来ていません、、、


hopehalohalooasis.wixsite.com

** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示されるスポンサー広告のページを開いて頂くだけで、NGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ”

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

【フィリピンの牛乳は常温保存なんだけど大丈夫?】 ~日本ではコロナの影響で牛乳が余ってるらしい、、、   (#賞味期限が半年後の牛乳 #ロングライフ製法による生乳余剰対策 #RecombinedMilkコクがある? #フィリピンのペットボトルのお茶は甘い #フィリピンの牛乳のおいしい飲み方? #糖尿病と高血圧が多いフィリピン #贅沢過ぎても貧乏でも病気になる)

f:id:yumekake-john-ngohope:20211226142021j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20211226143140j:plain

日本では今、牛乳がめっちゃ余ってるらしい。

牛乳や乳製品の原料となる生乳は、新型コロナウイルスの影響でホテルや土産物向けなどの需要が減少していることに加えて、冬休みに入り学校給食での消費もなくなっていることから、かつてない規模で余り、この年末年始に大量に廃棄される懸念が出てるそうだ。

で、有名スーパーやコンビニとかがキャンペーンしてたり、ネットでレシピを提供したりしてるけど、うちの近所のいつも行くちっさなスーパーでは特に値段は変わらない。てことは、メーカーレベルでの卸しでは値下げしてしてないのかな?

というか、余ってるなら、値下げしてほしいんだけど🙄
棄てるよりいいよね?そんな単純な話じゃないのかな?😅


もともと牛乳はめっちゃ好きだけど、まあまあ高いから、お茶とか飲んでがまんしてる。ほんとはバターを使いたいんだけど、高いからマーガリンにしてる。

安くなったら、牛乳めっちゃ飲むよ?半額になったら、たぶん2倍飲むよ?

え。そんなん自分だけ?😅😱

ところで、写真はフィリピン・セブ市のとあるスーパー。いろんなメーカーのいろんな種類の牛乳がいっぱい。

実は今、セブは、今月17日にかけての台風の被害で、ずっと停電中(断水も)。てことは冷蔵できない。かれこれもう10日になる(復旧にニケ月かかるとか言ってる😓)。なのに棚には牛乳が。ちなみに下の賞味期限の写真は昨日撮ったんだけど、、

え。大丈夫なん?

とりあえず日本で10日間停電になったら、それこそ乳製品の大量廃棄問題が起きる。

で。

フィリピンの牛乳。

スーパーマーケットでもふつうにそこらの棚で売ってる。そもそももともと冷蔵コーナーではない。

そう、常温保存!

でもって賞味期限が半年先だったり😳

ヤバイ?

日本じゃ考えられないし、一年中暑いフィリピンで牛乳が常温保存で大丈夫なの?

もしかしてめっちゃ保存料とか入ってんの?

おまけに飲むとなんだか甘い。

やっぱフィリピン(甘いもの大好き!ブラックコーヒーなんて眠れないどころか病気になっちゃう!な感じ)だから、変な味付けてんの?

なんかほとんどのやつに「Fresh」とかかいてあるけど、一年後に飲めて、Fresh !とか言われても、、、

なんてネガティブな疑問が浮かぶ。

なんだけど、結論から言うと、実は大丈夫😊

じゃあ、なんでだ😳

んと、フィリピンの牛乳がなぜ常温保存で大丈夫なのかとゆーと、ザクっと結論からゆーと、パックがロングライフ製法だから。

日本もフィリピンも、120度~150度で1~5秒間加熱することによって殺菌するという殺菌方法(UHT法)は同じなんだけど、パックが特殊なものである点が異なる。

日本の牛乳パックはただの(?)紙のパックでできてる。なので長期で常温保存はできない。でも、フィリピンの牛乳パックは光と空気を遮断するために紙パックの内側にアルミ箔などが貼られており、何層構造にもなってたりする。

そんなこんなで、フィリピンの牛乳パックは、ロングライフ製法という特殊な技術が用いられてることによって、長期の常温保存が可能になってる。

真空パックとなっており、光や空気を遮断する作りになっている。」「超高温瞬間滅菌という方法を使って菌を排除させる作りになっている。」、、、この2つの方法がロングライフ製法と言って、日本でもよく使用されている(ような気がする😅)。

で、この方法で長期で常温保存を可能となってるわけで、、、

安全でしょ?😁

ただ、真空パックでの常温長期保存なので、開封したらもちろん、冷蔵庫で保管して、でもってけっこうすぐに飲まなきゃ(それは日本も同じだけど)ヤバイぞ😅

あと、買う時にに穴や破損があるとロングライフ製法の意味がなくなっちゃうので、購入時は注意しなきゃね😱だって、フィリピンクオリティって話は置いといたとしても、下手したら、一年近くもお店の棚に置いてある可能性があるわけだし、まあ気を付けるに越したことはない😁

フィリピンの牛乳が安全なのはわかったけど、美味しいの?と疑問に思うかもだけど、まあもちろん人それぞれの好みの問題だけど、自分的には、それほど違和感じゃないけど、日本の方がおいしいかなあ。まあ、飲みなれてるだけなんだろうけど。

でもって、さっき「なんか甘い」って書いたけど、たぶん、メーカーや製法によって違うんだと思う。例えば写真の棚にある「Alaska Fresh Milk」てやつ。これとかはRecombined Milkって種類で、パウダー状にしたミルクを水や栄養分を足して牛乳のように作り変えたもの。らしい。よーするに一見ピュアな牛乳に見えるけど(Freshって書いてあるしさ)、パウダーなどを組み合わせて牛乳に近い味にしている乳製品ってこと。で、なんだかコクがあるような感じの仕上がりになってる。

まあとりあえず「Fresh」ミルクには、砂糖は入ってないと思う(ベトナムとかではたまに見かける。砂糖入りミルク。)。でも、よく考えてみれば、日本でも、メーカーによってとか、あと低脂肪乳とか、なんか甘いってあるよね。まあ気にしないでおこう。

ちなみにめっちゃ甘いけど、チョコレートミルクもあって、ほんとに甘いんで、これをふつうの白ミルクで割って飲むのが自分は好き😁

ところで牛乳。もちろんミネラルウォーターより高いし、ローカルの炭酸飲料より高い。開封したら冷蔵庫保存だし、お金(も冷蔵庫)もない貧困層にはハードルが高い。だからなのか、粉末状のミルクパウダー(粉ミルクや脱脂粉乳)がよく飲まれてる。子どもはこの粉をそのまま舐めて喜んでる😅

でもやっぱり牛乳はおいしいらしくて、自分がフィリピンで、牛乳好きだからよく買ってくるんだけど、「勝手に飲んでいいよ」って置いとくと、子どもにすぐめっちゃ飲まれる😅何気に甘いから、子どもにはよけいにおいしいのだろう。

あ。さっき、フィリピン人は甘いもの好き、みたく書いたけど、飲み物とか、とにかくなんでも甘い。インスタントコーヒーには初めから砂糖とミルクパウダーが混ざった状態で売られてるし、炭酸飲料も大好き。日本人から、たまにお茶とか飲みたくなるって人もいるかもだけど、ふつうにフィリピンでGreen Teaとかって書いてあるペットボトルのお茶を買うと、これもまた、、、「甘い」😱

ふつうのピュアなお茶も、大きなモールとかでは売ってるんだろうけど、まあようするに日本食みたいなもので、めっちゃ高い。

ちなみにフィリピン人はそんなものばっか(まあ暑いから甘いものや炭酸が欲しくなるのは確かなんだけどね)好んでて、でもって米と肉ばっか食べてるし、高血圧と糖尿病の人が多い。

生活習慣病って日本では何かぜいたくな暮らしの飽食の結果、みたいなイメージもあるけど、ここでは、貧困によってバランスのとれた食生活が困難(ちなみに野菜はめっちゃ高い。お腹いっぱいにもならないし。)な結果ってことでもあるんだよね、、、

ぜいたくになんでも食べられるが故に病気になる国もあれば、貧乏で食べ物が選べないが故に病気になる国もある、と、、、😞

ところでところで。

この牛乳のロングライフ製法。日本でももっと取り入れれば、今回みたいな「イレギュラーな余剰」への対策になるよねえ。牛さんのミルク調整はできないのはわかるけど、賞味期限が半年あれば、その間に何らかの対策もとれるんじゃないかと。

じゃない?かな?😳


f:id:yumekake-john-ngohope:20211226153739j:plainフィリピン・セブ島を襲った超大型台風により被災し、たくさんの大切なものを失い、飢えと不安の中、それでも日々をなんとか生き抜いていこうとしているスラムの人々の命を支えるため、子どもたちの未来への夢と、その純真な笑顔を守るため、NGOでは支援活動を行っています。
そして、その支援活動のための寄付を募集しています。
皆さま、もしよろしければ、あたたかいご支援・ご協力をお願い致します。

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com

** ** ** **🍀国際協力NGOのブログです。表示されるスポンサー広告のページを開いて頂くだけで、NGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com