YUMEKAKE/JOHN's diary

国際協力活動のなかでのマジメな話からゆる~い話まで/海外から日本から

「いったい私の周りで何が起きてるの?と憂う人々」 ~コロナ渦からどんどん回復していっている日本の皆さんに水を差すつもりはないのですが、、

f:id:yumekake-john-ngohope:20200625201144j:plain

新型コロナウィルスCOVID-19も、日本ではもうその猛威がだいぶ止まった雰囲気になっています。
まだ注意が必要なことを踏まえつつ、もとの日常を、この三ヵ月で失ったものを、取り戻していこうと、政府や自治体、国民も試行錯誤しながら、前へ進もうとしています。

しかし、先日も、WHOは「パンデミックが加速している。厳重な対策を。」と注意喚起し、事実、ロックダウンを解除したアメリカではあいかわらず感染が止まらず、ドイツも一部で大規模なクラスターが発生しロックダウンを再開したりもしています。また、アフリカや中東、中南米等も、感染の勢いが未だ止まっていません。

感染が落ち着いたように見える日本でも、そのような世界の状況から目を背けず、やはり、今後も充分、感染防止への意識を失わないまま、少なくとももうしばらくは、そんな日常生活を送っていかなければならないと思います。

ところで、そのように、平和な日本で安心してないでもっと世界の現実を見て!っていう大きな話を、したかったわけではなく、自分がふだん関わっているフィリピンの知り合いの話をします。

国がどうこう、ではなく、ほんの狭い範囲の知り合いが、こんなふうに言っている、という話です。

自分のたいして広くない交流関係(たまたま国が違うだけ)の中でさえ、このような現実が存在するということは、ぜんぜん知らない場所や人々や国まで話を広げれば、こういうことが世界にはきっといっぱいあるんだろうな、と思います。

子どもがNGOの施設に通っていたことがあるママのfacebookへの投稿です。

自分の親族に降りかかった死の連鎖を、神様に祈っています。

。。。

Everyone is getting sick back home.In a span of two months ,we have had 5 deaths in our family circle.. Lord help us and grant eternal rest to our love ones who left us.. lola Mely, Aunt Bel,uncle Fred, Papa Dapol and now uncle Joe Ancajas Dear Lord I pray, please break the chain.

家に戻ってみんな病気になっている。2ヶ月の間に, 私たちは親族のあいだで5人が死亡しました。主よ、 私たちを助けて、、そして、私たちを去った愛する人たちに永遠の休息を与えてください...メリーおばあちゃん、ベルおばさん、フレッド叔父さん、ダポルパパ、そして今、ジョーアンカハス叔父さん...親愛なる主よ、私は祈ります、この連鎖をを壊してください

。。。

これは、直接の死因は、今回のコロナウィルスではありません。

ですが、この数か月のロックダウン、、日本ではなんかオシャレに言われてたりするSTAY HOMEのあいだに、起きたことです。

仕事がなくなり収入もなくなりました。そして、食糧不足による栄養失調、新型コロナウィルス感染への恐怖や、今後の生活への不安、家から出られないことへのストレス、、いろんな要因が重なって、彼らの心と身体にダメージを与えてしまったのでは、とやはり思ってしまいます。

このようなコロナの影響かもしれない死や病気が、もちろん日本にもたくさん存在していると思います。

そこには自殺も含まれるでしょう。

フィリピンもそうですが、福祉制度の発達していない国では、コロナといえど治療費はかかります。保険制度も脆弱なので、その治療費はとても高額になります。コロナに感染して家にいて家族に迷惑をかけるもの嫌だし、病院もかかったらお金がかかってしまう、それを憂えて、自殺してしまったお年寄りの話とか、あと、インドでは、オンライン授業を受けるお金(パソコンやネット)がなく、それを苦にして自殺してしまった子どももいます。

いえ、そうやって、「どこどこで」というのは、たまたま自分がその事例を知っているだけで、世界各地では、当たり前のように起きている悲惨な事実だと思います。

コロナウィルスそのもので亡くなった方や、また、コロナウィルスにより持病の悪化で亡くなった方がたくさんいます。そしてまた、このように、コロナによる影響で死期を早めてしまった方もきっと、もっとたくさんいます。

日本でもそうです。

死ぬとかいう話ではなくても、STAY HOMEによる運動不足で病気が悪化したり、精神的に不安定になったり、孤独や経済活動の悪化で心が追い詰められたり、いろんなネガティブなことが起きています。PTSDとなっている場合もあるでしょう。

コロナそのものは遠からず収束の時を迎えたとしても、その影響は、そういう形でも残っていくだろうと思います。

そういう意味でも、この新型コロナウィルスは、人々のあいだに、多大な影響を与えました。

いえ、今、現在も与えています。

身体だけでなく、いつのまにか心もウィルスにむしばまられてしまわないよう、家族や周りの人、それはネット上でもいいです、お互いが支え合って、ひとりで煮詰まってしまわないよう、今後も気を付けていかなければならないと思います。

自分自身もことだけでなく、周りの身近な人にも気を配りながら。

そんなことにも、今回のコロナ騒ぎで、あらためて気付かされています。

yumekake.hateblo.jpyumekake.hateblo.jp

** ** ** **

JOHNです。よろしくお願いします。
海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅
もしよろしかったら、読者登録、スター、 シェアお願いします🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。
(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。)
あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。
世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。
そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ”  

hopehalohalooasis.wixsite.comyumekake.hateblo.jp