YUMEKAKE/JOHN's diary スラムの片隅から世界を

国際協力活動のなかでのマジメな話からゆる~い話まで/海外から日本から

マスクがないのはわかるけど、なぜかブリーフ(^^;)))、、でもそんなことはどうでもいい、とりあえず生きていかなきゃ、、   (#クラウドファンディングCAMPFIRE #台風22号被災地フィリピン復興支援 #国際協力NGO #SDGs #海外ボランティア #草の根の支援活動 #被災地で今その時必要な支援を #被災者の心に寄り添う支援 #フィリピンセブ #マスクの代わりにブリーフ)

hopehalohalooasis.wixsite.com

今日は、郊外の田舎の小さな村のスラムにて、食事とサンダルを配りました。台風によりあらゆるものが飛ばされてしまい、被災地では、様々な生活物資を必要としています。

だからといって、もとより貧困に苦しむスラムの人々に、すぐに色々なものを買い足すことはできません。

被災地フィリピンでも今、やはり新型コロナウィルスオミクロン株が流行っているため、マスクをしてくるように連絡したのですが、そのマスクさえも用意できない子どもがたくさんいます。(次回また寄付する予定です。)

タオルを巻いてくるとかならまだしも、なぜかブリーフを被っている子どももいます(^^;)

超大型台風22号がこの地を直撃したあの夜、深夜から襲った台風により、夜中に慌てて逃げだしたため、裸足のままの子どもが多くいます。

田舎の村では、子どもたちは、ふだんからよく裸足で出歩いてはいるのですが、台風の跡に散乱したガレキの上を裸足で歩くのは危険ですし、やはり家の近所からどこかへ出かけるのはサンダルが必要です。

NGOでは、このように、被災地の人々の生活に密着し、今必要なもの、足りないものを、被災者の方々の生の声を聞き、相談しながら、支援活動を行っています。

そして、被災者の方々が、今いちばん望んでいるものは、台風によって破壊されていまった、自分の、家族が暮らせる家です。現在、人々は、とりあえずブルーシート等で家を囲い、暮らしています。しかしそれでは、まともに風雨も防げません。ほとんど野宿と変わりません。

そのような、被災が特に酷い人々のために、NGOでは、今回、このクラウドファンディングを行い、その支援金で、トタン屋根や壁の板を支援しようと計画しています。

台風によりすべてを奪われ、過酷な生活を強いられている被災者の方々が、一日も早く、「我が家」で、家族の安心した生活を取り戻せるよう、少しでも手助けして頂けたら、とても嬉しいです。

被災者の方々の日々の命を支えるため、未来への希望の光を灯し続けるため、今後も、今できるせいいっぱいの気持ちを届けていきたい、と思っています。

youtu.be

yumekake.com

yumekake.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示されるスポンサー広告のページを開いて頂くだけで、NGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com