YUMEKAKE/JOHN's diary スラムの片隅から世界を

国際協力活動のなかでのマジメな話からゆる~い話まで/海外から日本から

【ギリシャ文字でもちょい調べてみよーかな。世の中デルタやらオミクロンやらうるさいしさ。】 ~新型コロナウィルス変異株の名称と特徴について、、   (#オミクロン株による各国の水際対策 #もうハワイもヨーロッパもタイも隔離なしで行ける #日本は入国後14日間待機自主隔離 #同じ過ちは繰り返さない #ギリシャ文字表)

f:id:yumekake-john-ngohope:20211209013722j:plain
さてさて。

いきなり大騒ぎになったけど、一方、「あれ?たいしたことないんじゃ?」な評判もある新型コロナウィルスの新しい変異株・オミクロン株。
日本でも慌てて水際対策を強化して「全世界から外国人の入国禁止」なんてやったけど、実はそんなことしたのは日本くらい。海外からは「?」(批判の意味も含めて)と思われてたりする。
ちなみにうちら日本人は今でも、ハワイにもヨーロッパにもタイとかにも観光に行ける。隔離もない。今回のオミクロン騒ぎで「ワクチン打ってればいいよ」から「PCR検査もしてきてね!」に条件が変わったくらい。

でも、帰ってきたら(日本帰国時)14日間の自主隔離。

ふむ、、、まあいいだろう。

日本は、コロナの初め頃に、水際対策が甘過ぎて、痛い目にあったから、その反省もあるし、諸外国よりも国内感染を著しく抑えてるから、せっかくのその現状を悪化させたくないのかな。お隣の韓国とか今、過去最悪の感染状況で、もちろん他人事じゃないし。

ま。なにはともあれ、やっかいな特徴を備えてる変異株みたいだし、てゆーか今後も新たに変異株は出現するし、まだまだ、というかきっともうずっとしばらく、当たり前に日々の生活に気を付けながら、コロナと共存していくしかないだろう。

うちらの国際協力NGOの現地事務所があるフィリピンでも、今月(2021年12月1日)から実施を予定していた「グリーン国/管轄地域」(日本含む)からのワクチン完全接種者でビザ不要国の国籍を有する者の「ビザなし」での入国が一時停止となった。ザクっというと、ビザなしの観光等での一般の渡航が、12月から一度OKになったのに、延期になったとゆーこと。ちょうどこのタイミングでオミクロン、というのもあるし、フィリピンはもともと水際対策を厳しくしてきた国なので、残念だけど、こうなったのだろう。

ところで、オミクロン。
不謹慎だけど、ちょいかっこいい名前。
それもそのはずギリシャ文字

変異株は初め、イギリス株、インド株など、最初に見つかった国の名前を使って呼ばれてたけど、WHOは差別や偏見につながるとして、2021年5月から意味を持たないギリシャ文字で表すことにした。見つかった順にアルファ株、ベータ株、ガンマ株といった具合に。

ギリシャ文字とは、古代ギリシャ人がギリシャ語を表記するために作った文字で、今のギリシャでも使われてる。英語などローマ字のアルファベットは26文字、日本語の平仮名は46文字、ギリシャ文字は24文字と少なめ。順番でいうと、アルファ(α)、ベータ(β)、ガンマ(γ)、デルタ(δ)、イプシロン(ε)、ゼータ(ζ)、イータ(η)、シータ(θ)、イオタ(ι)、カッパ(κ)、ラムダ(λ)、ミュー(μ)、ニュー(ν)、クサイ(ξ)、オミクロン(ο)、パイ(π)、ロー(ρ)、シグマ(σ)、タウ(τ)、ユプシロン(υ)、ファイ(φ)、カイ(χ)、プサイ(ψ)、オメガ(ω)となる。ちなみに英語のアルファベットの語源は、最初のアルファと2番目のベータを並べたアルファベータからきているそうだ。

で、よく知られてるデルタ株がずっとあって、今回突然出てきた感があるオミクロン。

あれ?順番でいくとギリシャ文字、そのあいだにもけっこうあるぞ😳

てことは、実はデルタ株の後にも、いくつか変異株が発生してて、でもデルタよりも弱かったからあんまし話題にならず、、、そして今回のオミクロン。これだけ派手に表に出てきたってことは、それ相応のヤバイ変異種ってことなんだよね。きっと。

そんなこんなで、オミクロン株以前、これまでミュー株までの12種類の変異株が見つかっていた。んで、、、今回はオミクロン。

ん?そう、ミューの次のニューとクサイを飛ばしてる。

WHOは、ニューは新しいを意味する英語のニューと混同しやすく、クサイは英語でxiと表記し、xiを姓にする人が多いので飛ばしたと説明してる。

確かに「新しいニュー変異株」ってなんか変だし、クサイだと、日本語的には「クサイ(臭い)ウィルス」ってなっちゃって、おやまあ、ってなる。

あ。もちろんWHOは日本語のそんな事情は考慮してないけど😅でも、中国の習近平国家主席の習が英語表記でxiなので、それを忖度(そんたく)して飛ばしたんじゃないの?なんて疑いは出てるらしい。

そんなオミクロン株、南アフリカで見つかったんだけど、ただ「発見」されただけで「発祥」とは限らないのに、南アフリカはすっかり悪者にされて、周辺諸国も含めて世界から入国拒否をくらってる。そんな状況に南アフリカは怒ってんだけど(むしろ「うちが見つけてやって世界に注意喚起してあげたのに!」って)、でもまあ確かに南アフリカとかで、オミクロン株発見の頃から急激に感染者が増加してるんで、仕方ない面もある。(かわいそうな面もある。)

その南アフリカの発表や感染者のインタビューによると、オミクロン株は感染力はめっちゃ強い(ワクチン3回接種後でも感染する)けど、重症化率は低く、ほとんどは入院の必要もないそうだ。「今のところ」だけどね。

あ。ただ、9歳以下の感染率(入院率も)がデルタより高いみたいで、それは懸念するところ。

で、症状はおおよそインフルエンザみたいなんだって。

じゃあ、もうそれこそ、インフルエンザと同じ扱いで良くね?人類とコロナのこの2年に渡る戦いの末、ウィルスはだんだん変異してそんな感じになってきた、と。そうゆーことじゃね?

コロナは確かにめっちゃやっかいなウィルスで、人類の脅威だったけど、それは確かだし、これからも気をつけなきゃだけど、もうそろそろいいかな。たぶんお互いバチバチにやり合うのに疲れてるよ。あきちゃってるよ、もう。

人類、がんばったよ。

じゃない?

あ。素人考え。ごめんなさい😅

でもさ、そのインフルエンザなんて、毎年変異してるのに、「香港A型」とか、なんかパッとしない名前付けられちゃうわけじゃん?なのにコロナは「デルタ」?「オミクロン」?この後には「シグマ」や「オメガ」なんてのも控えてる。

なんか優遇し過ぎじゃね?

でもって今後も変異株は次々に出てくる。そしたら24のギリシャ文字では足りなくなる恐れがある。WHOはそのときには星座の名前をあてる見通しだそーだ。

アクエリアスとかスコーピオンとか?

おいおい、、😶

yumekake.com

🌏コロナ渦を襲ったフィリピン・セブのスラムの大火災被害への復興支援を行っています。もしよろしければ、ご支援・ご協力お願い致します。

hopehalohalooasis.wixsite.com** ** ** **
🍀国際協力NGOのブログです。表示されるスポンサー広告のページを開いて頂くだけで、NGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力お願い致します🙂

🍀JOHNです。よろしくお願い致します。 海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅 もしよろしかったら、読者登録、シェアお願い致します🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。) あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。 そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com