YUMEKAKE/JOHN's diary

国際協力活動のなかでのマジメな話からゆる~い話まで/海外から日本から

【 Minnathu... My country... 】 ~軍事政権下のミャンマーを旅して、、(その2)~ (#ミャンマー・バガン・ミンナスー #旅先での出会い #現地の人々とのふれあい)

f:id:yumekake-john-ngohope:20210224212229j:plain

f:id:yumekake-john-ngohope:20210224212208j:plain
f:id:yumekake-john-ngohope:20210225133353j:plain

運河では水牛が水浴びをしてる

子どもたちが裸で飛び込む

水鳥が気持ちよさそうに泳いでる

あっちの河岸では 洗濯をする女性たち

その向こうに拡がる水田

広がる澄んだ青空

豊かな自然に育まれた生活がある

ここにはとても平和な時間が流れてる



そしてまたひとつの村をあとにする

旅は続く

でこぼこ道を トラックバスが ジャンプしながら走っていく

荷台で風に吹かれながら 遠くを眺め 少し目を細める

だんだん陽が傾いていく

干上がった河を越え

いくつかの小さな村を通り過ぎる

こっちを見つめる人たちに 小さく手を振る

子どもを抱いたおいちゃんが とても素敵な笑顔をくれる

みんな 瞳がきれいだ

そしてとても深い

夕陽に染まる 哀愁をおびた 遠くを見つめる澄んだ瞳

純粋で 力強く



旅の途中で出会った少女

純朴で 深く 遠く

優しく 澄んだ 強い眼差しをしていた

パンクした自転車を引っ張ってたら

少女が声をかけてくれた

「うちに来なよ。父さんが直せるよ」

一緒に彼女の村まで歩いた

そこはミンナスーという小さな田舎の村だった

乾いた土地を 水牛で耕す農夫

作物や水をてんびん棒で担ぐ女たち

タナカという染料で頬を白くした子どもたちが 裸足で走り回ってる

オシャレなお店も通りもビルも 娯楽施設も何もない

そこにあるのは 広がる台地と緑と川と 地に根差した確かな人々の生活だけだ


手作りのような 小さく簡素な家が点在する あまりに素朴な集落

彼女の家はちょっとした丘の上にあった

おたがいのつたない英語で 少し会話をした

目の前の茶色い風景に沈みゆく真っ赤な夕陽を 一緒に眺めながら

「 Minnathu... My country... 」

彼女が言った

なんか 深かった



「ミンナスー、、 私の故郷よ、、、」


そこには何もなかった

でも

きっと何よりも大切な

命の 清く 強い 力があった

そこは

彼女の かけがえのない故郷だった、、、




yumekake.com

yumekake.com

yumekake.com

** ** ** **

JOHNです。よろしくお願いします。
海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅
もしよろしかったら、読者登録、シェアお願いします🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。)
あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。
そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。

🍀ブログの文中に表示される広告をクリックして頂くと、そのクリックがNGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力よろしくお願い致します🙂

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com