YUMEKAKE/JOHN's diary

国際協力活動のなかでのマジメな話からゆる~い話まで/海外から日本から

もうすぐクリスマス。彼女の、とてもとても切ない、サンタクロースへのお願い、、、 (#コロナ渦のクリスマス #フィリピンの離婚手続き・アナルメント #カトリックは離婚できない)

f:id:yumekake-john-ngohope:20201212195423j:plain

「もうすぐクリスマスだね」

と、チャットで唐突に言われる。

「うん、そうだね」

と、相づちをうつ。

「プレゼントくれる?」

「。。。」

「うそ。じょうだん😁」

「ああ、、😅」

「でもね、、、

サンタにお願いしたいことがあるの」

「なに?」

「お母さんに会いたい、、」

。。。

彼女はフィリピンの高校1年生。

ロックダウンで学校に通えず、宿題プリントの毎日。

友達にも会えないし、規制もあり、外出もままならない。

子どもたちにはストレスがたまってる。

自分にできること言えば、なるべく話し相手になってあげて、愚痴のはけ口になってあげることくらい😅

。。。

彼女の母親は2年前に家を出た。

新しい男と一緒に、、、

だから、彼女と一緒に住む父親は、彼女が母親と会うことを許していない。

そして彼女も、母親が今どこで何をしているのか知らない。

母親には、もちろんそれなりの事情もあり、自身の幸せを求めることだって自由だろう。

でも、ただそれだけですむ話じゃない。

個人の幸せと親や家族としての責務。

べつにフィリピンだからってわけじゃなくて、もちろん日本、というか世界共通、こういう問題って難しい。

ただせめて、娘の心に、こんなにも深い傷を負わせることなく、家をあとにしてほしかった。

あまり深くは聞いてないが、たぶん離婚はしてない。

フィリピンでは、宗教的な問題(カトリックは基本的には離婚が認められない)や、またお金もかかり、手続きも煩雑で、離婚するのがめんどくさい。というか場合によってはできなかったりもする。

まず、宗教の問題だ。フィリピンはカトリックの国なのだが、カトリックの教義では、結婚は終生に渡る神聖なもので、離婚は認められない。結婚を解消するには、「その婚姻関係は当初から問題があったため結婚そのものが無効」という判断を教会に申請し、認められなくてはならない。

近年、このような禁忌(タブー)やそれに伴う手続きは、緩和されてきてはいるが、特にフィリピンにように、カトリック原理主義の国では、物理的にも精神的にも、まだまだとても難しい。

それからもうひとつ大きな問題は、これも上記の宗教的な手続きと関係が深いのだが、制度上の離婚への手続きがとても煩雑なのだ。

これを「アナルメント」(婚姻無効裁判)という。

たとえ、いくら夫婦が両方、離婚に同意していても、アナルメントをしなければ離婚ができない。日本みたく、どっちもOKなら、紙にハンコ押しておしまい、じゃない(というかそのうちその捺印もなくなる?)。裁判するために弁護士もいる。期間も2~3年はかかる。結局、費用は15~20万円くらいはかかるだろう。

もう一度言うと、夫婦共に離婚に同意しても、上記のようなアナルメントが必要なのだ。

そんなの月収一万円とかで暮らしてる、ここフィリピンの貧困層に払えるわけがない。

また、日本でなら、母親が浮気して男と出て行った、となれば、離婚の申し立てはできるだろうし、慰謝料だって請求できるだろう。

しかしここフィリピンでは、特に貧困層のあいだでは、そんなしっかりとした法律の保護の手は差し伸べられない。

そもそもそういうあれこれを、本人たちも知らなければ、行政も気にかけない。

親権がどうこうとか、よくある週に一回子どもに会える、だとか、そんな平和なシステムは、ここでは見受けることができない。

そこにあるのはただ、哀しい現実と、それぞれの心に刻まれた傷だけだ。

NGOで支援している子どもの親には、そういう家庭の事情で、たとえ両親がいても、二人が結婚していない、名字が違う、という家庭がよくある。(法的には「両親」じゃないか、、)

事実婚によるパートナーとか、夫婦別姓とか、そういうオシャレなことではなく、いろんな事情を抱えて、結婚ができないまま、一緒に暮らしてる、というだけ。

こんなところにも、貧困による不幸な現実が存在してる。

。。。

時々、彼女からメッセージがきて、チャットをする。

夜中にスナックを食べては、

「ダイエットしなきゃ。コロナで家ばかりいて、また太っちゃってさあ。」

TikTokをアップしては、

「ダンスは得意じゃないの。でも大好き。」

と、他愛もない話をする。

「早く学校に行って、友だちに会いたいなあ。。」

どこにでもいる、ふつうの女子高生だ。



このあいだ、聞かれた。

「ねえ、日本語でBig brotherは何て言うの?」

「Oniichan かな」

それ以来、彼女は自分のことを「おにいちゃん」と呼ぶ。



お母さんには会えないかもしれないけど、でも、家族や親戚と一緒に、きっと楽しいクリスマスになるよう、祈ってるよ😊✨


yumekake.com

yumekake.com

** ** ** **

JOHNです。よろしくお願いします。

海外のことや日本のこと、世界の現実、経済や政治、ポエムまで、いろいろ書いてます😅
もしよろしかったら、読者登録、スター、 シェアお願いします🙂

自分は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の代表を務めています。(詳しくは下記「自己紹介・NGO連絡先」リンクをご参照お願い致します。)
あ。「YUMEKAKE」というのは、NGOの活動のプロジェクト名(YUMEKAKE PROJECT)です。世界の子どもたちの、笑顔と希望と夢の架け橋になりたい、という意味です。

このブログでは、国際協力活動を通しての視点で、海外また国内の、様々な問題や出来事、スラムや難民キャンプの人々の生活、NGOの活動の様子等を、時に真面目に、深く、時にゆるく、書いていきたいと思います。
そして少しでも、皆さまに、世界の様々な現実を知ってもらえるきっかけを届けたいと思っています。 今後ともよろしくお願い致します。

🍀ブログに表示される広告をクリックして頂くと、そのクリックがNGOへの募金として、フィリピンのスラムの子どもたちへの支援になります。ご協力よろしくお願い致します🙂

🍀NGOの活動にご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【 国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」】

” ただ与えるのではなく、共にわかちあう支援を ” 

hopehalohalooasis.wixsite.com

yumekake.com